ヒゲの晩酌日記 

higenodds.exblog.jp ブログトップ

落胆

最近(というか1ヶ月前くらいから),
走行中にメーターパネル内の
「セントラルハイドロリックシステム・ブレーキオイル警告灯」が
点滅することが多くなった.

ブレーキは多少”踏みしろ”が増えた気がしていたが
利くので,放置しておいた.

同じAudi80に乗る人のサイトの掲示板になんとなく
そのことについて書きこみをしたら
昨日,いつも色々教えていただく タツタさん からレスがあり

それは大変なことだから,
すぐにボンネットをあけハイドロリックフルード(パワステオイル)と
ブレーキオイルの残量を確認するように


とアドバイスを頂いたので,
昨日のお昼休みに確認すると
ブレーキオイルはOKだが,ハイドロリックフルードがかなり減っていた!!!!!

Audi80のハイドロリックフルード漏れは タツタさん によると
かなりポピュラーなトラブルらしい・・・・・.

Audi80のセントラルハイドロリックシステムは
 パワステ回路と,2系統あるブレーキ回路のうちの1回路を掌っているらしい.
 つまり,通常のブレーキ回路の他にいわゆるパワステオイルによる
 ブレーキ回路もあるらしい・・・.(あってるかな?)


あわてて,最寄りのDUOの営業マンU氏に連絡.
ハイドロリックフルードの在庫があるというので,本日購入しにいった.
f0098210_1215459.jpg

Audo80 1994年式のマニュアルには品番G002000以外は使用するなと
 書いてあったが,営業マンU氏によると品番が変わっただけで
 これを使用して全く問題ないとのこと.
 ホントかいなと思ったけど,信じることにした.


ハイドロリックフルードは,1㍑で税込み¥1890であった.

そのアシで,本日の仕事先である中央道上野原IC付近に向かう.
トラックが多く国立府中ICくらいまではやや混んでいたものの,
八王子ICを過ぎたあたりから順調に流れ,
よい天気で気持ちのいいドライブであった.

それにしても,今日は暑い!!!!

上野原市内の国道20号線の電光掲示板は31℃を示していた.
f0098210_126442.jpg


昼過ぎに仕事先に到着.
自分の仕事をして,
個別に動いて仕事しているスタッフに
なにか問題がなかったか確認した後,みんなで後片付けをして解散とした.

帰る前に,午前中に購入したハイドロリックフルードを補充.
f0098210_129489.jpg

入れやすいようにペットボトルの底を切ったものをジョウロがわりとした.

だいたい250㍉㍑くらい入ってしまった!

タツタさん によると漏れている可能性があるのでWAKO'Sの漏れ止めなどを
使ったらとアドバイスを頂いたが,
添加剤はなるべく使いたくないので,
しばらく,液量の確認をマメに行うこととし,経過観察することにした.



そういえば,先日修理したウオッシャータンクの作動確認をしていないことを
思い出した.

エンジンをかけ,レバーをひくと水がでない!

なんだよ,DUOはタンクの交換時に液の補充もしてくれないんだ!ケチだなぁ!(笑)
なんて思いつつ,しかたなく水を補充する・・・・・・・.

!!!!!!!!!!!!!!!!!! 

なんと!

また,下から 漏れてきたよぉぉおぉぉぉぉぉぉお!!!!!!(涙)
f0098210_148293.jpg


怒りでアタマの血管がブチキレそうになったけど,
冷静さを取り戻してから,DUOの営業マンU氏に電話.

状況を話すと,平謝りされて,
「ご都合の良い日にいつでもお預かりして確認します」だって!

当たり前だ!!!!!

っていうか,もうどうしたらいいんだろう.

ディーラーまでも信じられなくなってきた.
クルマの修理ってどこに頼めばいいの?

やっぱり,ディーラーはそこで買ったクルマじゃないといい加減に修理するのかな・・・・.

誰か,都内で
人からタダでもらった古い輸入車でもきちんと修理してくれるところを
ご存知の方がいらっしゃいましたら教えてください(涙)



<今日の晩酌>
アベラワー・アブナック (ストレート)
ビフィーターをダブルで (ストレート)
[PR]
by oper21 | 2006-08-03 23:59 | Audi 80 (B4/8C)
line

MY10.5 Audi A4 2.0TFSI quattro S-lineが新たな相棒となりました.


by oper21
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30